ML weekly
バックナンバー

特集:メーリングリストこの一年2008

Yahoo!ブックマークに登録 Clip to Evernote
 2008年は中国の餃子事件に始まり、原油の高騰、四川大地震、秋葉原連続通り魔事件、北京オリンピック、「あなたとは違うんです」が話題となった福田首相の辞任と麻生内閣発足、日本人3人のノーベル賞受賞、そして元厚生事務次官殺傷事件と大きな話題が続きました。中でも秋にかけて、リーマンブラザーズの破たんをきっかけに証券バブルが崩壊し、世界同時株安が勃発。金融危機は世界中の実体経済が混乱する誰もが予想し得ない事態となりました。株価の急落、欧米市場の低迷、急速な円高により自動車産業や製造業の大幅な業績悪化が非正規雇用者の「派遣切り」に発展。突然の契約打ち切りに住む家すら失うという、人を道具のように扱う雇用状況に誰もが不安を感じる年の瀬を迎える事態に陥りました。

 人の心を震撼させるニュースの多い中、メーリングリストのこの一年はどうだったでしょうか。恒例の一年を振り返る特集を今年もまとめてみました。

● 新規携帯メーリングリストサービスが相次いで旗揚げするもすぐさま淘汰に

 昨年から若者に「メーリス」で脚光を浴びはじめた携帯電話向けのメーリングリストサービスは、今年に入り続々と新規参入してきました。トモメール、あつまろ☆ねっと、サクサクネット、友リスなど新進気鋭のベンチャーが名乗りを上げ事業を展開しはじめました。しかし、競争激化で、新規サービスをスタートしてまもなく廃止となるところもあり、脚光から淘汰へと変化の素早い展開になっています。

● 若者をターゲットにしたグループウェアサービスの充実

 新規参入の携帯向けメーリスサービスの特徴は、飲み会などのイベントに便利なスケジュール表や出欠確認機能、日記帳、写真共有といったグループウェアの充実でした。これらは若者が友達同士で連絡や話題作りに役立つサービスで、もはや携帯メーリスの定番機能ともいうべき要素となっています。

● freemlもグループウェアサービスを充実

 新たなサービスをセールスポイントに躍進する携帯メーリス企業に対抗して、大手のfreemlも黙っていませんでした。スケジュール、アンケート、出欠確認、投票とグループウェア機能の大幅な拡充を打ち出してきました。グループウェア機能つきメーリングリストといえばYahoo!グループでしたが、freemlはそれをしのぐ勢いを見せています。

● SNSにかげり?新たなコミュニティサービスの開拓時代へ

 SNSサービスもネットコミュニケーションの定番となり広く使われていますが、近頃では「飽きた」、「日記を書くのがおっくう」、「ログインが面倒」などの声が頻繁に聞かれるようになり、かげりが見え始めてきました。流行で飛躍したSNSも成熟期から後退局面に入りつつあるようです。SNSでは老舗となるカフェスタも事業運営が切迫しており、スタッフブログにて会員に事業継続への協力を求める異例の事態に直面しています。インターネットでのコミュニケーションに新たな形を求める要望が高まり、新規事業としてポストSNSが求められていく時代に入りつつあります。

 インターネットのサービスは利用者から課金を徴収しないため、事業は景気に左右されがちです。突然の急激な景気後退はメーリングリストの事業にも影響を与えることでしょう。苦境をどう乗り切り、押し寄せる不況の波とどう立ち向かうべきか、模索と不安が入り交じる日々が続きそうです。2009年は長いトンネルの入り口に乗りかかった先の見えない年になるかもしれません。


★★ 感想をお聞かせください ★★
1. おもしろかった 2. まあよかった 3. いまひとつだった 4. つまらなかった
クリックはひとつのみでお願いします。集計結果は表示されません。


前の記事   記事一覧   次の記事
全バックナンバー

MLweeklyトップページ



「メーリングリスト週刊情報誌MLweekly」
「メーリングリストインフォメーションストリート」
(C) 1998-2018 by A. SATO, All rights reserved.
当サイトの内容を無断転載することを禁じます。