ML weekly
バックナンバー

特集:メーリングリスト宣伝ページのSEO対策

Yahoo!ブックマークに登録 Clip to Evernote
 メーリングリストを通じてインターネットで活動をするとき、宣伝や紹介のためのウェブサイトを開設します。しかし、ウェブサイトはインターネット上に無数にあり、検索サイトを経由して自分のサイトに訪問してもらうにも他のサイトに埋もれてしまって思うようにアクセスされないのが現状です。
 インターネット上のショッピングサイトでは、検索サイトから訪問してもらうために特定のキーワードで検索したとき上位に表示させるための技術を盛り込んで運営をしています。この技術をSEO (Serach Engine Optimaizatin)といいます。今回の特集は、誰でもできるレベルのSEO技術を取り入れてメーリングリスト紹介ページの宣伝効果向上を取り上げます。メーリングリストのみならず、自分で開設しているウェブサイトにも当てはまります。

○ 検索サイトに上位表示させるには?

 Googleなどのロボットを巡回させた検索システムには、検索結果の質を高めるための独自の工夫がされています。たとえば、キーワード検索をするとそのキーワードが多く含まれているサイトが上位になりやすくできています。また、独自の評価基準でサイトごとにランクが付けられており、ランクの高いサイトほど上位に表示される仕組みになっています。特に、自分のサイトに対する検索サイトの評価が上位表示に大きく影響しています。Googleではこの評価を「ページランク」と呼んでいます。評価は人ではなくコンピュータにより判定されます。
 検索サイトごとに差異はあるものの、評価を上げるには共通して外部からのリンクの数が影響します。しかも、その検索サイトの評価が高いサイトからリンクされているほど評価が高い仕組みになっています。したがって、上位に検索結果を表示させるためには
  • 特定のキーワードを多くサイト内に盛り込む
  • 外部からのリンクを増やす
これら2つが重要です。

○ SEO技術とは

 SEOは、高度なテクニックはありますが基本はそのサイトに適したキーワードを選び、それを重点的にサイト内に取り入れたり、キーワードを盛り込んだHTMLタグを埋め込んで行います。さらに、キーワードが検索サイトの巡回プログラムによって確実に取り込まれるようなレイアウトやHTMLタグを使うように書き換えていきます。そして、検索サイトや優良なサイトにリンクしてもらい、知名度を上げていくことで自分のウェブサイトの価値を高めていきます。これら一連の工夫や技術をSEOと呼び、日本語ではサーチエンジン最適化といいます。SEOは自分で調べながら作業をしていくこともできますが、本格的にするとかなりの労力を要します。ビジネスであればサイト制作会社やSEO専門の会社に委託しますが、費用もプライベートでは支払える金額ではありません。そこで、このくらいなら自分一人でできるという程度のSEOを紹介します。

○ キーワードを絞り込む

 キーワード検索で訪問してもらうには、自分のサイトに適したキーワードを絞り込む必要があります。メーリングリスト紹介ページの場合
  • ○○メーリングリストの○○に相当するもの
    活動趣旨となる分野あるいはそれを一言で表せる一語
  • 「メーリングリスト」もキーワードに
を考えるとよいでしょう。ただし、メーリングリストをキーワードしても、検索をする人がメーリングリストそのものを知らない人が多いので、あまり意識して盛り込まなくてよいです。キーワードが絞り込めたら、その言葉を文章中に意識的に盛り込むように本文を書き換えます。ただし、本文は人が読むのが基本です。読み手に違和感を覚えさせるようなくどさを与えない程度にするのがベストです。

○ トップページの編集

 トップページは前述したキーワードを盛り込んだ本文編集のほかに、HTMLタグを工夫すると効果があります。
  • タイトル
     これは検索結果で表示される際、最も目にする項目です。単に○○メーリングリストと書くよりも、たとえば「〜好き集まれ○○メーリングリスト」と一言アピールを付け加えたり、絞り込んだキーワードをつけてアピールするとよいです。特にキーワードを盛り込んでおくと表示結果にも効果があるといわれています。

  • METAタグの編集
     一部の検索サイトでは評価基準の対象からはずしているところもありますが、冒頭でMETAタグを使うと有用です。
     
    <META name="description" content="紹介文">
    サイトの紹介を記述できます。検索サイトによっていは検索結果にそのまま反映されるので、簡潔に読み手にわかるような内容を書いておくとよいです。

    <META name="keywords" content="キーワード">
    キーワードを記述できます。このタグに盛り込まれているキーワードを検索結果に反映しているところもありますが、それをしていないところもあります。ないよりましくらいの気持ちで付記しておくのがよいでしょう。キーワードはカンマを使って複数記述できます。

  • IMGタグにALTをつける
     画像を表示させるIMGタグには画像を表示できないときに文字で説明をつけられるALTがあります。「ALT="説明文"」を付け加えてキーワードにまつわる説明をつけておきます。ただ、この作業は細かいので、あまり神経質にならないほうがよいです。

  • HTMLの文法チェック
     ほとんどの人はウェブサイトを作るとき専用のソフトを使っているはずなので、さほど大きな心配はないと思います。手作業で記述している人は、気がつかずに文法ミスや複雑な記述をしているときがあります。ブラウザで表示はできていてもタグの記述構成によってはロボットが正しく本文を取り込めていない場合があります。文法チェック用のソフトを使うなどして確認してみるとよいでしょう。
○ リンクの増やし方

 リンクは自分が相手方にお願いしてつけてもらうので、誠意ある姿勢が大切です。自分と関連のあるサイトを訪問し、リンクしてもらえるか問い合わせていくことになります。地道な作業となるので急がずゆっくり進めていくのが一番です。なお、SEOに効果がある方法として相互リンクがあります。お互いリンクをし合うと評価があがるといわれています。ただし、頭ごなしに相互リンクを依頼すると検索結果向上の下心をみられてしまいますので、やみくもな相互リンクの依頼は控えるのが賢明です。

○ 結果は時間が経過した後で

 ロボット型検索サイトでは、SEOを施してもその効果が判明するには三ヶ月程度の時間がかかります。検索サイトでは膨大なウェブサイトを収集して一定期間ごとに評価計算を行い更新しているからです。したがって、すぐに結果を得ようと考えず、じっくり腰を据えて取りかかるのがよいです。

SEOは奥が深く、またどことなく重箱の隅をつつくような小さい作業の繰り返しでもあります。また、コンピューターのご機嫌を取るかのような振り回された作業でもあります。あまり神経質にならずに対策していくのがよいでしょう。あくまでも人が見て印象の持てるサイトを最優先に進めていくようにしましょう。

前の記事   記事一覧   次の記事
全バックナンバー

MLweeklyトップページ



「メーリングリスト週刊情報誌MLweekly」
「メーリングリストインフォメーションストリート」
(C) 1998-2018 by A. SATO, All rights reserved.
当サイトの内容を無断転載することを禁じます。