ML weekly
バックナンバー

特集:メッセンジャーを使ってみよう


 ネットで知り合った人同士、文字だけではなく声でやりとりしたくなります。できることなら相手の顔を見ながら会話ができたらすばらしいと思うこともあります。それが親しくなるに連れ長時間おしゃべりをしたくなります。電話を使えば簡単ですが、できることなら安上がりに目的を果たしたいものです。

 今回はネットで知り合った人同士、さらに親睦を深めるのに役立つメッセンジャーについて紹介します。

● メッセンジャーとは

 正確にはインスタントメッセンジャーといいます。メッセンジャーを利用できるサービスに登録して、ソフトを使って接続しておくと音声や文字を送ることができます。もちろん、相手が同じ時間にメッセンジャーを利用していなくてはなりません。メッセンジャーソフトもサービスもともに無料です。

 主な機能は次の通り。
  • 音声会話機能
     ヘッドホンとマイクを接続して利用すると、お互いの声を相手に送ることができます。市販のヘッドセットを購入すればすぐに利用できます。パソコンを使って電話をしているような感覚でおしゃべりができます。

  • ビデオ会話機能
     ウェブカメラを使うとさらに映像つきで会話もできます。テレビ電話と同じです。相手の表情を見ながら会話をすればより話が弾みます。

  • チャット機能
     文字でのやりとりもできるように、チャット機能も備えています。相手が不在の時は不在メッセージを送ることもできます。

  • 写真やデータ伝送
     デジカメで撮影した写真やワープロ文書を伝送できます。仕事の打ち合わせをして必要なファイルを届けたいときや、ちょっとしたおしゃべりからデジカメの写真を送りと土田利するのに役立ちます。

  • グループ会議機能
     メッセンジャーは一対一のやりとりの他に、複数の人同士で会話をすることもできます。仲のよい友達同士でにぎやかに会話を楽しみたいときや、遠距離同士の仕事の打ち合わせには重宝します。
● メッセンジャーの長所

 メッセンジャーの最大の機能は音声会話とビデオ機能。特に電話と違い通話料がかからない点です。したがって、何時間でも話そうが一切費用がかかりません。しかも、日本国内はおろか世界中どこでも通話料がかからないのです。メッセンジャーの環境さえ整っていれば国際電話を使わずに長時間会話を楽しむことができます。海外に赴任している親戚や友人とも気兼ねなく話ができるのです。ウェブカメラを使ってテレビ電話にすれば、遠くにいる人でも表情を見ながら会話ができ、音声だけの会話よりもずっと親近感が沸きます。なにより電話代を節約できるのが最大のメリットです。

 また、ホットスポットなど外出先でもインターネットが使えればメッセンジャーも利用できます。出先での仕事の打ち合わせや経過報告をするにも便利です。メールでは伝えにくい情報を口頭で伝えるには落ち着いて話のできる環境がほしいところです。このようなときにメッセンジャーは役に立ちます。

● 主要メッセンジャーサービス

 メッセンジャーを提供しているサービスはいくつかあり、それぞれ特色があります。
  • スカイプ
     メッセンジャーの主流とも言える存在。音質が携帯電話並みかそれ以上の品質の良さが特徴。最大の売りは、有料のオプションサービスを利用することでパソコンだけではなく相手の電話にもかけられ、さらに自分のパソコンにも電話から着信できます。ビジネス活用に大いに役立ちます。海外で生まれたサービスのため、一部英語ページに説明が飛ばされるなど問題点もありますが、品質の良さで選ぶならスカイプがおすすめです。Windows, Mac, Linuxに対応しているのでOSを選びません。

  • ヤフーメッセンジャー
     ヤフーが提供しているサービスで、チャットをしながら音声会話も楽しめます。ヤフーメールやヤフーニュースなど、ヤフーのサービスも一緒に利用できる連係した機能が長所。Windowsパソコンを基準に提供しており、Macでは古いバージョンのソフトを使わないと音声会話ができないといった互換性に問題があります。Windowsの最新バージョンでは音質のよい会話ができます。品質はスカイプの方が上です。

  • MSNメッセンジャー(統合により廃止)
     WindowsパソコンではOSに最初から入っているのですぐに利用できる点が売りです。手軽にはじめるにはとりかかりのよいところが利点でしょう。
なお、メッセンジャーはお互い同じサービスのソフトを使わなくてはなりません。たとえば自分がスカイプで、相手はヤフーではやりとりはできません。

● メッセンジャーをどう活用するか

 メッセンジャーは身内の仲間同士で利用するのもよいですが、メーリングリストやMixiで知り合った人とより密接に交流したときにも役立ちます。個人的な親睦を深めるには肉声でのやりとりは親近感が深まります。個人的なメールの繰り返しからメッセンジャーが利用できるかきいてみて、興味があれば使い方を教えるなどして利用できるようにするとよいでしょう。

 また、サービスの中には特定のテーマごとに会議室が用意され興味のある人同士が寄り集まって話のできる場があります。そちらにも足を踏み入れてみるのもよいでしょう。それをきっかけにまた人脈を広げられるかもしれません。

 遠距離通話、長電話、仕事の打ち合わせ、さらにはコミュニティからの親睦とメッセンジャーは人とのつながりを深めて広げてくれるツールです。一度活用すると手放せなくなりますよ。

前の記事   記事一覧   次の記事
全バックナンバー

MLweeklyトップページ



「メーリングリスト週刊情報誌MLweekly」
「メーリングリストインフォメーションストリート」
(C) 1998-2018 by A. SATO, All rights reserved.
当サイトの内容を無断転載することを禁じます。