ML weekly
バックナンバー

教えて先輩:@は元々何のための記号?


 メールアドレスで用いられているアットマーク記号「@」。普段何気なく使っていますが、そもそもこの記号は何のために使われているのでしょうか?

 「え、メールアドレス用の記号じゃなかったの?」という声も聞こえそうです。アットだから英語の前置詞のatで場所を意味するのではと考えるかもしれません。メールアドレスの@以降は所属先に当たるので、納得できそうな理由になります。

 この記号はインターネットが普及する以前のパソコンには備わっていました。そればかりか、今では映画くらいしか見ることのなくなった英文タイプライターにも備わっています。ということは、英文での文書で扱われていると推測できます。

 アットマーク、この記号はもともと単価を示すときに用いられています。
    缶ビール100本 @230円
のようにです。大量に物を扱うときに単価あたりの表示をするときこのアットマークを使うとのことです。

 私も先日、このアットマークについて知りびっくりしました。この記号の本来の使い道を知るのはよほどの専門職でないとわからないだけにいい勉強となりました。英文に馴染みのない私たちにとってはちょっとした豆知識ですね。


2006年11月27日発行 第266号


前の記事   記事一覧   次の記事
全バックナンバー

MLweeklyトップページ



「メーリングリスト週刊情報誌MLweekly」
「メーリングリストインフォメーションストリート」
(C) 1998-2018 by A. SATO, All rights reserved.
当サイトの内容を無断転載することを禁じます。