ML weekly
バックナンバー

よもやま話:同窓会を装った個人情報集めに注意


 オレオレ詐欺が横行する昨今、「あやしい」電話がかかってくる機会が増えてきました。先日、私の所にあたかも同窓会事務局から住所を教えてほしいと、ぎこちない問い合わせがあり、個人情報収集だなとすぐにわかりました。どうやら、同窓会事務局と偽って個人情報を収集する手口の一つのようです。今回は、この怪しげな問い合わせの注意点と見抜き方を取り上げます。

○ こんな内容の問い合わせが…

 「○○大学の同窓会事務局の者です。××さんあてに先日住所更新のはがきを送ったのですが、こちらに返送されてきていないので住所を教えてくれますか? ××さんは、△△学部を卒業ですよね。それでその後の消息を知りたいのですが…」

 ここで機転を利かせて
    「私は従業員だから答えられないよ。」
と返答したところ
    「な〜んだ、そうだったのか。」ブチっと電話が切れる。
 返答したとたんに電話を切る無礼さに怪しい電話を確信させます。電話もどうやらバイトの学生で、応対がマニュアル式でぎこちない会話だっただけに信用性が感じられませんでした。しかも、いろいろな大学の名簿を見ながら片っ端から電話しているようで、あやふやな返答をしており、受けている側は警戒心を抱かずにいられません。早い話、事務局からの問い合わせはウソだというのがバレバレなのです。

○ 相手の目的

 何らかの名簿を入手して、それをもとに住所などの個人情報を得るのがねらいです。特に、最新の情報を入手したい意図があります。個人情報の転売には最新の内容ほど利用価値が高まるので、手当たり次第に電話をしているのでしょう。

○ 手口を検証

 まず、○○同窓会事務局から電話していることを伝えて信用を得ます。次に、手紙を送ったという偽りの話を持ち出します。そんな手紙が来たのだろうと思いこませればしめたものといったところでしょう。最後に、「住所を教えてください」と持ちかければ、同窓会の事務局ならとついしゃべってしまう誘導尋問なのです。

○ 手口の見抜き方

 どんな問い合わせであれ、公的な部署からであれば電話で処理するはずがありません。まず、この点に即座に気がつけば電話を切ってしまってもよいでしょう。次に、事務局なら学生のような声の人が電話をかけません。職員らしい声でないようであればこの時点であやしいです。また、背景の音が電話勧誘をしているような騒々しさが聞こえてくれば疑うべきです。一斉に電話で問い合わせをしている光景がバレバレです。
 相手の対応のしかたも推察しましょう。マニュアルを読んでいるような話し方や、学生特有の社会人らしさを感じさせない言葉使い、大学名を言い間違えたり存在しない学科名を言ったなら偽物とばれたも同然です。バイトを使って仕事をさせているのが見事にわかります。

○ ここに警戒

 同窓会という言葉は、どことなく情報を漏らしやすい「すき」があります。これにつけ込まれないようにするには以下の点を心得ておくとよいでしょう。
  • 出身学校の同窓会名を覚えておく
     同窓会は「○○大学同窓会」という名前ではなく、○○会のような固有の名称をつけているところが多いはずです。電話の冒頭で「同窓会の者ですが」という言い方はまずしません。

  • 電話で個人情報の問い合わせはしない
     住所変更の問い合わせだけを送ってくることはありません。会報と一緒に同封されているはずです。しかも、投函は任意なので督促はしません。督促などしようものなら経費だけでも膨大になります。それだけのことをしてもやろうとするのは、同窓会ではない組織と判断できます。

  • やたらに住所を教えてほしい旨を連発する
     住所や勤務先を教えてくれと繰り返すようであれば、それはあきらかにおかしいです。執拗に迫ってくるのには裏があります。

  • 他の大学名を言ったら即電話を切ろう
     同窓会の人が別の大学を言うはずがありません。同窓会名簿ではなく、他の何かの名簿を見て電話をかけているに違いありません。この時点で電話を切ってしまいましょう。

  • 電話番号通知設定を切っている
     電話番号通知機能を切って問い合わせをしてくるところは信用できません。同窓会事務局ならそのような手の込んだ操作はしません。

  • 電話勧誘のような口調なら警戒
     事務員なら事務員らしい口調が自然と出ます。いかにも勧誘や脅迫的な口調で問い合わせてくるような態度であれば絶対に情報を教えてはなりません。
 私たちの個人情報は自分が守っても漏れてしまうのが現状です。しかし、自分から漏洩させたくはありません。ふだん縁のないところから個人を特定できるような情報を問われたときは警戒心をもって不用意に回答しないよう注意して対処しましょう。


2004年1月30日発行 第130号


前の記事   記事一覧   次の記事
全バックナンバー

MLweeklyトップページ



「メーリングリスト週刊情報誌MLweekly」
「メーリングリストインフォメーションストリート」
(C) 1998-2018 by A. SATO, All rights reserved.
当サイトの内容を無断転載することを禁じます。