ML weekly
バックナンバー

教えて先輩:MLに参加すると自分のアドレスが漏れるって本当ですか?


 私のところに頻繁に寄せられる質問で特に多いのが、今回紹介するメーリングリストへの参加で自分のメールアドレスが外部に漏れてダイレクトメールの送信に使われているかもしれないという不安についてです。

 初心者は、メールアドレスがの漏洩に対して神経質になりがちです。そこで、基本的なメーリングリストの仕組みをまず理解しておいてください。

○ 基本的にメーリングリストの登録アドレスは管理者しか閲覧できない

 この点をまず知っておいてください。メーリングリストに参加すると、自分が登録したメールアドレスが参加者リストに記載されます。このリストが俗に言うメンバーリストです。FreeMLやeグループ、infoseek MLなどほとんどのメーリングリストサービスでは、一般の参加者がメンバーリストを閲覧できないようなっています。閲覧できるのは、主催者である管理人のみです。
 ですから、メールアドレス集めをねらった幽霊参加者が直接メンバーリストを引き出すことはできません。

○ メーリングリストにメールを出せば全員に自分のアドレスが知れわたる

 メーリングリストにメールを出せば差出人の所在がメールの中に含まれます。そのため、自分のメールアドレスは参加者全員の知るところとなります。これは電子メールの基本的な仕組みから必然的に起こり得る結果で、どうすることもできません。そのかわり、メーリングリストへメールを出さなければ管理人以外に自分のメールアドレスは知られません。

 このように、ひとつ安心してほしいのは、メーリングリストに登録してもその段階で自分のメールアドレスを知ることができるのは管理人だけなのです。他の人はメールアドレスのみならず自分が登録されたことも知ることはないのです。

 結局、メーリングリストに参加してメールアドレスが外に漏れるかというと、皆無とはいえないまでも、まずないと思って大丈夫です。参加したメーリングリストの管理者が悪用して登録アドレスを外部に漏らせば別ですが、これも可能性の低い行為と思って結構です。また、メーリングリストにメールを出したとしても、それでメールアドレスの収集の対象になるかというと収集効率が悪く、可能性の低いものです。もし、こうした可能性の低い場合でも好ましくないというのであれば、メーリングリストに参加すること自体避けるしかありません。これは言い換えると、交通事故に遭うかもしれないから外には出ないと言って家の中に閉じこもっているのと同じです。

 自分のメールアドレスが知らずに漏れているというケースは次のようなものがあります。
  • ホームページにメールアドレスが記載されている
    自動巡回ソフトを使ってメールアドレスを根こそぎ抽出して収集されます。最近のメールアドレス収集の手口はこれが多いです。

  • 無造作にアンケート回答をして、メールアドレスを記入している
    インターネット上に限らず、葉書での応募でも同じです。個人情報をこちらの望まないような利用をされてしまうときがあります。

  • 名簿にメールアドレスが記載されている
    卒業生名簿や規模の大きなサークルや組織に参加していて、名簿にメールアドレスを記入されいるとそれが悪用される場合があります。一般の郵送ダイレクトメールと同じです。

  • 実社会と同じく、自分の知らないところで情報が漏洩している
    これがきっと一番多いに違いありません。住所やプライベート情報が漏洩する際に、今ではメールアドレスまでもが含まれています。自分の想像しないところで個人情報が流れれているのが現状です。
 これらのように、メーリングリストに参加している場合よりも上記の方がはるかに個人情報が漏れている可能性が高いのです。メーリングリストはせいぜい多くて数百人規模が大所帯で、数千、数万を見込んだメールアドレスの大量収集には向いていません。ですから、メーリングリストに参加したところで、漏れる確率はきわめて低く他の要因が大きいと思ってください。

 スパムに代表される迷惑メールが社会問題となる中、メーリングリストに対する誤解も抱かれつつあります。あまり、神経質にならずメーリングリストを楽しむ気持ちを大切にしていくのがベターです。


2001年11月26日発行 第86号


前の記事   記事一覧   次の記事
全バックナンバー

MLweeklyトップページ



「メーリングリスト週刊情報誌MLweekly」
「メーリングリストインフォメーションストリート」
(C) 1998-2018 by A. SATO, All rights reserved.
当サイトの内容を無断転載することを禁じます。