ML weekly
バックナンバー

特集:インターネット心理学(女性編)


 先週に引き続き、「インターネット心理学」と題して、ネット上での男性と女性の気質の違いを取り上げていきます。今回は女性編。私は男性なので、異性の立場から見たネットでの女性心理を書いてみます。

特集をはじめる前に

 前回同様、今回の特集は私の偏見を入れないよう努力していきます。また、内容は今までの私の経験をもとにしています。したがいまして、状況によっては当てはまらないときもあり、個人個人で該当しないケースも多々あります。ここは違うという点がありましたらご教授いただければ幸いです。

意見をはっきり言う。これが女性のよいところ

 今まで女性の方ともメーリングリストやネット会議室で議論を交わしてきましたが、しっかり自分を主張します。「私はこうである」と明確に言うのが女性で、男性は「当たり障りなくぼかす」ので、自分を表わそうとしないときがあります。ネット上では、自分の主張をしっかり言わないと誤解や以心伝心がうまくいかないだけに、物事のメリハリをしっかりするのはあってほしいところです。ただし、主張の論理性についてはスキルの問題で男女の相違はありません。

女性は自立心旺盛

 女性はネットワークで活躍しやすいとよく言われます。その理由のひとつは、自立心が強い点ではないかと考えます。一人でもがんばり抜く強い意志が女性には多いのかもしれません。もちろん、男性も負けてはいませんが「もたれ合い」がまだ根強く、独りになると弱い面が出てしまうことがしばしばあります。とことん自分を打ち出すのが女性にはあり、そうしたキャラクターの人にはネットワークの舞台で力を発揮できているのでしょう。

感情に左右されやすい

 女性にもやはり気になる点はあります。感情にまかせた行動に出やすい点です。かっとなって我を忘れて相手をけなして、鬼の首を取ったかのような態度をとる光景を見かけることが多いです。あとで取り返しのつかないくらい非礼な言動をしていたのに気がつき、当人も恐ろしさを感じたというケースもあります。また、感情移入をしやすい面があります。愛着を感じているものにささいな反論をされたとき、それになりきって相手に攻撃的な態度をとり、きっかけを作っては相手をおとしめる行動に出る場合があります。一歩踏みとどまる冷静さがあるといいです。

完膚無きまで相手を攻撃する

 これは以前、女性に失礼ながら聞いてみた話です。「女性って自分の気に入らない人には、降参し服従するまでいじめぬく気質があるの?」とたずねたところ、「あながちあるわ」と言われました。もちろん付け加えて「誰しもそうではないけどね」ともらっていますが、私が女性の怖い一面を感じているのは、自分が嫌いと思った人には完膚無きまでに相手をおとしめる気質をもっている点で、それがネット上で赤裸々に見える場面があります。
 ネット上でのけんかを目にしていつも感じるのは、女性の場合、相手が男性であろうと女性であろうと自分が描いている要求がすべて満たされるまで相手を攻撃し屈服させるまで手をゆるめず執拗に迫ってくる点です。たとえば、あやまればすむくらいのトラブルでも、当人は謝罪だけでなく二度とこの場に現れてほしくない欲求があると、謝罪だけでは満足できず排除しようと行動を起こすときがあります。男性からするとそこまでする必要があるのかと思うくらい妥協が感じられません。

 インターネットでのコミュニケーションは、自分の心の奥が表に出やすい性質があります。文字だけのコミュニケーションは外面を出さないので飾りやごまかしのない自分を表現します。そのため、無意識に自分の心の奥に秘めた一面が出てきます。特に野心や本音、欲求や闇の心といったものがあからさまになります。自分でも知らなかった心の本音を吐き出す機会がインターネットは持ち得ています。今回のインターネット心理学、そんな心の一面をちょっとひもといてみました。人の心は簡単に説明できないのは言うまでもありません。
 「もしかしたら自分も心当たりが・・・。」あるいは、「これは絶対でたらめだ」などいろいろな声があがると思います。機会があれば改訂版を企画します。


2001年 7月21日発行 第72号


前の記事   記事一覧   次の記事
全バックナンバー

MLweeklyトップページ



「メーリングリスト週刊情報誌MLweekly」
「メーリングリストインフォメーションストリート」
(C) 1998-2018 by A. SATO, All rights reserved.
当サイトの内容を無断転載することを禁じます。