ML weekly
バックナンバー

コラム:夏休みとメーリングリスト


 暑い!いったい梅雨はどこへ?どうして今年はこんなに暑いのか?おかげでビールがうまい!?
 本当に、梅雨明けしていないのにかかわらず関東は猛暑が続いています。これでは夏休みになったら秋でも来そうな予感です。学生さんはテストが終わればお待ちかねの夏休み。旅行にバイトに楽しい計画を立てているのでは?大学生は長期休みで帰省する人も多いでしょう。社会人の夏休みはもうちょっと我慢・・・・。お盆までまだ遠い。
 ともあれ、夏休みとなるとパソコンからメールを取り出すのは休み明けとなり、長期間の休みがある人ほどメールがたまります。メーリングリストにたくさん登録していると、次にメールを開くときは休み中の分がどっさりたまっていて、メールボックスがパンク寸前なんてこともよくあります。
 今回は、長期休暇の時のメール対策について取り上げます。

休みに入る前にメーリングリストは一時退会するか配送停止しておく

 これはできる限り対処しておくようすすめます。活発なメーリングリストではお盆休みでもたくさんのメールが流れ、休みの間メールを読めない場合はいつのまにかメールがあふれかえってしまいます。プロバイダを使っている人はメールボックスが許容量を超えてしまい、メーリングリストのメールが返送され、管理人から削除処理をされるときもあります。
 メーリングリストからのメールは休み期間中は一時脱退するか、配送停止ができるようであればその手続きをしておきましょう。再登録すればその間に流れていたメールをいつでも閲覧できます。

休暇前に未読のメールは処理しておく

 少しでも休み明けのメールチェックを軽減するため、それまでのメールは読んでおき返信の必要があるものは処理しておく方がよいです。日が経つと返信の内容がうる覚えとなり、何を対応するのか忘れてしまいます。その日にできることはその日にうちに。メールも同じです。

休み中はメールから解放されるのもよい

 デジタル機器漬けの生活が当たり前になってきた現在、せめて休み中は解放気分を味わうのがよいです。大切な仕事のメールが来るのが確実なので休み中もメールチェックは避けられない人はいたしかたありませんが、ストレスや不安を解消させるのも休みのときであってこそ。羽をのばす時間を作るのも思い切った決断でもあります。

 最後に、休み中にひと思いにメーリングリストを脱退すると、たくさん登録していた人は思いきったメーリングリストの整理ができます。今まで何気なく眺めているだけのメーリングリストは再登録をしなくなり、継続登録を打ち切ることができます。参加するメーリングリストを厳選できるよいチャンスでもあります。

 夏休み。待ち遠しいけど梅雨が明けてから。もうあとちょっとですね。メールの対策も忘れずに。

2001年 7月 7日発行 第70号


前の記事   記事一覧   次の記事
全バックナンバー

MLweeklyトップページ



「メーリングリスト週刊情報誌MLweekly」
「メーリングリストインフォメーションストリート」
(C) 1998-2018 by A. SATO, All rights reserved.
当サイトの内容を無断転載することを禁じます。